ビタミンc誘導体ニキビ跡

ビタミンc誘導体化粧水ニキビ/ニキビ跡の効果があるのはこれだ!

 

できてしまったニキビ跡のケアに最も効果的に作用するのがビタミンC。

 

 

ニキビ跡をキレイに治すにはビタミンc誘導体 が効果的です

 

ニキビ痕の赤みや色素沈着に特にビタミンc誘導体 は有効です

 



 

ニキビが治ったあと、ニキビ跡が残ることがあります。色素沈着してシミになったり、赤みがさしたり。
それを改善するためには肌のバリア機能を回復させ、ターンオーバーを整えることが大切になります。

 

そのほかにも睡眠をしっかりとる、たんぱく質やビタミンなどバランスのいい食事を摂る、適度な運動を習慣にして代謝を高めることなどが必要です。
また、ストレスを感じると男性ホルモンの分泌が多くなります。男性ホルモンは皮脂の分泌を促し、肌を硬くして毛穴を詰まらせやすくするため、ニキビができやすくなります。ストレスは解消するようにしましょう。

 

そうしたことに気を付けながらニキビ跡を改善するには、ビタミンC誘導体化粧水を使うことが効果的です。
ビタミンC誘導体は、壊れやすく不安定なビタミンCを人工的に改良し、皮膚内に浸透してからビタミンCに変わるように作ったものです。

 

抗酸化作用や新陳代謝を高める、メラニンを還元して色素沈着を防ぐなどの作用があります。
皮脂の分泌を抑える働きもありますので、ニキビ予防にもなります。

 

 

ビタミンc誘導体でニキビ・ニキビ跡を改善!

 

ビタミンCはシミを薄くするなど美肌によいといわれている成分です。でも、ビタミンCとビタミンC誘導体は別の成分です。化粧品で肌に与えるなら、ビタミンC誘導体の方が高い効果が期待できます。

 

 

 

ビタミンCは不安定で酸化されやすい特徴があるので、化粧品に配合してもすぐに酸化してしまいます。酸化したものを肌に塗ると、きれいになるどころか反って肌の状態を悪くします。また、ビタミンCは浸透力低いので、肌のバリアを通過することができず、肌の内側に届きません。

 

 

 

ビタミンC誘導体は肌に吸収されやすい形にしたものです。角質層に到達すると、酵素によってビタミンCに変換されて働きます。

 

 

 

ビタミンCと同じように抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑制して美白をします。すでにできてしまったシミやそばかすを薄くすることもできるといわれています。

 

 

 

ニキビやニキビ跡にも有効です。ビタミンC誘導体がニキビとニキビ跡によい理由は、皮脂の分泌を抑えることと抗酸化作用です。

 

 

 

ニキビの原因は皮脂による毛穴つまりです。脂性肌は皮脂がたまりやすいですが、乾燥肌でも皮脂がたまります。乾燥すると毛穴が開きにくくなったり、水分不足を補うために皮脂が分泌されて、毛穴つまりがおこるのです。

 

 

 

ビタミンC誘導体を肌に与えることで皮脂分泌が抑制されてニキビができにくくなります。脂性肌にも乾燥肌にも効果があります。

 

 

 

コラーゲンの生成を促す働きもあるので、ニキビ跡を修復してくれます。凸凹が目立たなくなることが期待できます。

 

 

 

ニキビが悪化して炎症がおこると、炎症の刺激でメラニンが生成されてニキビ跡のシミになります。ビタミンC誘導体に抗酸化作用がメラニンの生成を抑制して、シミができるのを予防します。

 

 

 

ビタミンC誘導体を使うだけでもニキビとニキビ跡の改善効果がありますが、乾燥しているとニキビができやすくなるので、保湿も同時にするのがおすすめです。保湿をするとバリア機能が回復してアクネ菌に対抗する力がついたり、過剰な皮脂分泌が治まります。

 

 

 



ビタミンc誘導体でニキビ・ニキビ跡を改善!記事一覧

ニキビ跡対策に人気の化粧水といえばビタミンC誘導体化粧水です。ビタミンCといえば、ニキビやニキビ跡だけではなく、シミやくすみにも効果のある美肌成分として有名です。でもビタミンCは非常に不安定な性質のため、ビタミンCを化粧水に配合しても成分が壊れてしまい、肌に浸透しません。そこで、ビタミンCの成分を安定させて肌へしっかりと浸透するように改良されたものがビタミンC誘導体です。つまり化粧水でビタミンCの...